ハート 引っ越し

引っ越しのコツ

 

引っ越しのコツ

 

私の中でのコツは大きく分けて3つあります。

 

1番目のコツは引っ越す以前から、物を無駄に抱え込まず整頓しておくこと。

 

紙ベースもできるだけ、データベースに切り替えて引っ越し品を軽くしておくことがよいと思う。

 

引っ越しの際に新たに出てきたゴミなどが少なければコツは掴めていると思う。

 

2番目のコツは引っ越し先でソファーやタンスの置き場所をしっかり決めておくこと。

 

段ボールに詰め込まれた衣類や書類の置き場所も引っ越し業者に指定しておけば新居での作業も随分と軽減される。

 

3番目のコツは引っ越しの準備には思ったより時間を要するので、半年前から少しずつ物件や引っ越し業者を吟味するなどの作業を始めておくことだと思う。

 

引っ越しが決まったら、まずはいらないものをどんどん捨てていく。

 

次に1ヶ月以内に使わないものはスーパーなどで段ボールをもらい、どんどん積めていく。

 

段ボールの大きいのが欲しい時は、薬局にいくとかなりいい大きさの段ボールがもらえる。

 

ただし、その地域の段ボールのゴミ収集の日を覚えておく。

 

回収されたばかりだと、小さい段ボールしかない。

 

フリマや知人にいらないものをあげたり、リサイクルショップに売るのもあり。

 

多少の引っ越し代金が稼げる場合もある。

 

掃除は、全て物を運んだ後でも出来るから掃除は一番最後で可能。

 

一番良いのは入居先の入居日を引っ越しする日より前にする。

 

そうすればすまなくても荷物だけ運びこむことが出来る。

 

 

ダンボールに物をつめていく際、アバウトに書くのではなく、詳しく何が入っているかを明記すると開封の時にとてもスムーズに行きます。

 

特に子供がいる家庭の場合、子供の物はすぐ出せるように詰めるのがコツ。

 

おもちゃなども自分でわかるように片付けさせると、好きなものはしっかり覚えているのでこちらが忘れても勝手に取り出してくれます。

 

逆に子供に散らかされたくないものは別にしておくのも必須。

 

お風呂や洗濯などもすぐ使える状態に持ってきたいので、開けたらすぐわかるような詰め方をすることをお勧めします。

 

また引っ越ししてすぐ調理する、というのは大変な時もあるので、食事をどうするかをきめておいたほうが、疲れてから考えるより楽です。

 

私は引っ越しする時、いらない物といる物を分けて、それをリサイクルショップに持っていきます。

 

洋服だったり、本だったり、電化製品なども整理します。

 

お金にならなくても、引き取ってはもらえるので自分で分別してゴミに出す手間も省けますし。

 

片づけのコツは、面倒な事から先にやる事ですね。

 

面倒だから後にしようと思っていたら、後々が面倒な物しか残らないのでやる気が出ないですよね。

 

苦だけが残らないようにしたいですからね。

 

引っ越しで一番重要な事って言えば、持家じゃない限り壁や床の傷にお金がかかるのを避けたいですよね。

 

その為にはなるべく自分で補修したいので、ホームセンターなどに売っている修復アイテムを使います。

 

結構安いですよ。

 

大きい傷は隠しようがありませんけど。

 

残り、出来る事といえば、自分で少しでも修復したうえで不動産の立ち合いを夕方以降にすることです。

 

薄暗いので朝や昼に比べればそこまで目立たないですからね。

 

ずる賢くやりましょう。